珍しいチンチラの毛皮買取をお願いしてみよう

チンチラは1973年に採択された「絶滅の恐れのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」通常「ワシントン条約」によって保護の対象になっている動物です。そのため野生種のチンチラの毛皮を見ることは、現在ではほとんどありません。私たちが見かけることのできるチンチラは、ワシントン条約以前にブリーダー達が繁殖用に育てたチンチラです。元々はアンデスの山の中で住んでいるチリの固有種です。
繁殖用のチンチラは刺し毛が退化し、基本的には綿毛しかない毛皮です。肌触りが非常によく、きれいな光沢で人気があります。その一方でとても薄く軽いため、耐久性が弱く、極めて破れたり傷んだりしやすい毛皮でもあります。そのため毛皮買取業者でも、状態の良いものならば高価買取が期待できます。
元々希少性の高い毛皮でありながら、コートをなどを1着仕上げるには相当数の個体が必要になってくるので、そのようなものが自宅にある場合はかなりラッキーだといえます。万が一野生種のものがあったとしたら、そちらは現在では流通されるようなことはほとんどないものなので、かなり買取価格にも期待することができます。心当たりがある方は、一度業者に問い合わせて査定してもらいましょう。

通常毛皮の取り扱いや保管というのはとてもデリケートなもので、非常に手間がかかります。万が一飲み物などをこぼしてしまった場合は、蒸しタオルなどを使って丁寧に拭き取らなければなりませんし、毛癖がついてら霧吹きや濡れタオルを使ってきれいにしておく必要があります。そのように日頃からの手入れを怠っていなければ、毛皮買取業者にも高値で買い取ってもらうことができます。
フォックスやミントのような毛皮はある程度丈夫で、耐久力もあるので問題ないのですが、チンチラの場合取り扱いに注意が必要になってきます。チンチラは刺し毛という太く丈夫な毛が退化しており、ほとんど確認できません。そして刺し毛の周りにある綿毛というものが多くあります。このおかげで滑らかな肌触りがあり、大変人気を誇っています。しかし、これでは毛皮がどうしても薄くなり、その耐久力はかなり悪いです。車や電車、バスでの長時間座りっぱなしは毛癖の原因になりますし、毛皮自体へのダメージも多きく毛抜けの原因になります。
状態の良いものを見つけるのは難しいので、自宅でチンチラの毛皮を見つけたら、信頼できる腕の確かな毛皮買取業者に見積もりを取ってもらいましょう。詳細はここからチェック→https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A9してください。

Leave a Reply